福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

おすすめの屋根材の種類は?選ぶ際に見るべきポイントもご紹介!

おすすめの屋根材の種類は?選ぶ際に見るべきポイントもご紹介!

屋根のリフォームは、家の顔とも言える大切な部分を新しくする行為です。
屋根材1つを選ぶだけで、住まいの印象は大きく変わり、快適性や耐久性にも影響を及ぼします。

今回は、リフォームを検討されている方々に向けて、おすすめの屋根材の種類と、屋根材を選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。
屋根材選びに迷われている方は、この記事を参考にしてみてください。

□おすすめの屋根材の種類

1.ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、その軽やかさと強靭さで多くの支持を集めています。
耐震性に優れ、コストパフォーマンスにも優れているため、リフォーム市場において高い人気を誇ります。
特に、カバー工法による施工が可能であるため、既存の屋根を活かしつつ、効率的かつ経済的なリフォームが可能です。

2.スレート

次いで人気なのがスレートです。
その軽さと価格の安さで、初期投資を抑えたい方々に選ばれています。
その軽さゆえにメンテナンスの必要性は高まりますが、コストを最優先に考える方には最適な選択肢と言えるでしょう。

3.粘土瓦

粘土瓦は、耐久性の高さから長期的な視点でコストを考える方におすすめです。
100年近い耐用年数を誇る種類もあり、長い目で見れば経済的な選択となり得ます。

しかし、重厚さが耐震性に影響を及ぼす可能性もありますので、その点には留意が必要です。

4.アスファルトシングル

北米で広く用いられるアスファルトシングルは、そのデザイン性の高さで注目を集めています。

しかし、日本の気候には必ずしも適していないため、選択には慎重さが求められます。

□屋根材を選ぶ際に見るべきポイント

*価格と予算のバランス

屋根材を選ぶにあたって、多くの方が最も気になるのは価格でしょう。

しかし、価格だけで選ぶのではなく、地域の気候や既存屋根の状態を考慮し、予算内で最適な選択をすることが重要です。
例えば、初期費用を抑えたい方にはトタンやアスファルトシングルが、総コストを考えるならスレートやガルバリウム鋼板が適しています。

*耐用年数と将来の計画

屋根材の耐用年数は、その後のメンテナンス費用や葺き替えの頻度に直結します。
長く住む予定の家では耐用年数の長い材料を、短期間の居住を考えている場合は初期費用が抑えられる材料を選ぶと良いでしょう。
耐用年数が20〜30年のスレートは、中期的な居住計画に適しています。

□まとめ

今回は、おすすめの屋根材の種類と、屋根材を選ぶ際に見るべきポイントについてご紹介しました。
屋根材にはガルバリウム鋼板やスレートなどさまざまな種類があります。
屋根材選びの際は、価格や耐用年数などの視点を考慮し、ご自身に合ったものを見つけましょう。