福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

おすすめの屋根材は?種類と特性や賢い選択のポイントを紹介!

おすすめの屋根材は?種類と特性や賢い選択のポイントを紹介!

新築やリフォームを考える住宅所有者は、屋根材の選択に迷いがちです。
多様な屋根材の中から、最適なものを選ぶことは容易ではありません。
屋根材の特徴、価格、耐用年数を理解することは、適切な選択をするために不可欠です。
この記事では、屋根材の種類とその特性、屋根材選びの重要ポイントについて解説します。

□屋根材の詳細解説!種類と特性を知ろう

屋根材には多様な種類があり、それぞれに独特の特徴があります。
主要な屋根材を見ていきましょう。

1.スレート

スレートはセメントと繊維素材で作られた屋根材です。
コロニアルやカラーベストとも呼ばれ、安価でデザイン性に富み、対応業者も多いのが特徴です。
一方で、メンテナンスが頻繁に必要で、割れやコケの発生が問題となることもあります。
平均的な耐用年数は25~40年です。

2.ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛・シリコンでメッキされた鋼板です。
耐用年数が長く、防水性や耐震性に優れていますが、断熱性・遮音性に欠け、キズに弱い点がデメリットです。
耐用年数は30~40年程度です。

3.ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板の弱点を克服した屋根材です。
遮音性・断熱性に優れ、サビや紫外線に強いですが、重さと価格が高い点が欠点です。
耐用年数は30~40年とされています。

4.アスファルトシングル

アスファルトシングルは、アメリカで一般的な屋根材で、日本でも近年普及しています。
防水性・防音性が高く、比較的安価ですが、強風で剥がれやすい点やコケの発生が問題です。
耐用年数は20~30年です。

5.陶器瓦

陶器瓦は日本の伝統的な屋根材です。
耐用年数が非常に長く、再利用も可能ですが、重量があり建物に高い強度が求められます。
また、施工費用が高いのがデメリットです。

6.陶板

陶板は、軽量化された陶器瓦で、陶器瓦と同じ素材で作られています。
重さが抑えられており、耐用年数も長いですが、価格が高く、他の屋根材に比べ重量があります。

□屋根材選びの決め手とは?

屋根材を選ぶ際には、価格、デザイン、耐用年数の3つのポイントが重要です。

1.価格

屋根材によって工事費用は大きく異なります。
予算に合わせて、コストパフォーマンスの高い材料を選びましょう。

2.デザイン

屋根材は建物の外観に大きく影響します。
周囲の景観や建物のスタイルに合ったデザインを選ぶことが重要です。

3.耐用年数

長期間のメンテナンスを考慮し、耐用年数の長い材料を選ぶことも1つの方法です。
耐久性が高い材料は、長期的なコスト削減にもつながります。

□まとめ

屋根材は建物の保護だけでなく、美観にも影響を与える重要な要素です。
各材料の特徴、価格、耐用年数を理解し、自宅に最適な屋根材を選びましょう。
適切な選択は、快適な住環境を長期にわたり保つことにつながります。

当社は、福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで外壁や屋根の塗装を行っておりますので、ぜひご連絡ください。