福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

サイディングのひび割れはどうして発生する?見つけたらすぐに補修が必要です

サイディングのひび割れはどうして発生する?見つけたらすぐに補修が必要です

2023年11月4日

サイディングの外壁を持つ家に住んでいる方へ。
サイディングのひび割れが気になると感じている方は多いのではないでしょうか。
サイディングのひび割れは見た目の問題だけでなく、家の構造や住み心地にも影響を及ぼす可能性があるため、早めの対応が必要です。
この記事では、そのひび割れがなぜ起こるのか、そして放置するとどんなリスクがあるのかを解説していきます。

□サイディングのひび割れの原因とは?

サイディングがひび割れしてしまう原因は主に3つです。

*雨水・紫外線による劣化

長年の紫外線の影響で、サイディングの塗料が劣化し、防水効果を失います。
この劣化は、外壁が雨の日に水を吸収して膨張し、晴れた日に収縮することで、ひび割れが生じる主な原因となります。

特に日の当たる南面や、外壁の釘周りはひび割れやすい場所として知られています。
紫外線や雨水の影響を受けやすい場所を定期的にチェックすることで、早期発見・対応が可能となります。

*サッシの重み・開け閉めによる振動

窓サッシは重く、その重みや日常の開閉による振動がサイディングにダメージを与えます。
特にサッシの四隅は、ひび割れが発生しやすい場所となっています。
窓の開閉は日常の生活の中で避けられない動作ですが、その度に外壁に微小なダメージが加わっていることを意識することが大切です。

*地震による振動

日本は地震が多い国として知られています。
サイディングは地震には強いものの、大きな揺れの際にはひび割れることがあります。
特に釘周りやサッシ周りは、地震の影響を受けやすい場所です。
地震の後は、外壁のチェックを行い、新たなひび割れがないか確認することが重要です。

□ひび割れはすぐに補修しましょう!

ひび割れを放置していると以下のリスクが考えられます。
ひび割れは放置することなく、早めの対処を心がけましょう。

・シロアリの発生
ひび割れを放置すると、湿度が高くなり、シロアリが発生しやすくなります。
シロアリは家の木材を食べることで知られ、放置すると大きなダメージを与える可能性があります。

・凍害のリスク
寒い地域では、ひび割れから入った雨水が凍り、さらなるひび割れを引き起こすことがあります。
水が氷になると体積が増えるため、外壁に大きな負担がかかります。

・補修跡が目立つ
ひび割れの補修は可能ですが、完璧に元通りにするのは難しいことがあります。
当社のように外壁塗装を承っている会社に依頼することで、目立たない補修が可能です。

・構造部分の腐食
放置すると、雨水が構造部分に影響を及ぼし、腐食のリスクが高まります。
腐食が進むと、家の安全性が低下する恐れがあります。

□まとめ

サイディングのひび割れは、放置するとさまざまな問題を引き起こす可能性があります。
外壁のチェックを定期的に行い、早めの対応を心がけることで、家の安全性や住み心地を維持できます。
当社のような外壁塗装のプロに相談し、適切な対策を取りましょう。

福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで外壁に関するお悩みをお持ちの方はお客様に寄り添った対応をさせていただく当社までお気軽にお問い合わせください。