福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

スレート屋根の劣化対策!長持ちさせるメンテナンス方法をご紹介!

スレート屋根の劣化対策!長持ちさせるメンテナンス方法をご紹介!

スレート屋根は、その耐久性と美しさで多くの住宅に採用されています。
しかし、時間の経過と共に劣化が進むことは避けられず、適切なケアが必要です。

そこで本記事では、スレート屋根の劣化の兆候をいち早く見抜く方法と、その対策を具体的にご紹介します。
正しい知識を身に着けて、あなたの大切な屋根を長持ちさせましょう。

□スレート屋根の劣化とは?注意すべき4つの兆候

スレート屋根が経年劣化すると、以下のような症状が現れます。
これらのサインを見逃さないことが、早期対策の鍵として重要です。

1:スレート屋根のひびや欠け

スレート屋根は、温度変化による膨張と収縮を繰り返し、結果としてひび割れや欠けが生じます。
特に気候変動が激しい地域では、この症状に早く気づくことが重要です。

2:スレート屋根の色褪せ

既存の塗膜の劣化により、色褪せが生じることがあります。
色褪せたスレートは、水分を吸収しやすくなり、屋根の寿命を縮める原因となる可能性が高いです。

3:スレート屋根の反り

屋根にしみこんだ水分の膨張と乾燥により、スレートに反りが生じることがあります。
これは屋根の美観だけでなく、機能性にも影響を及ぼす深刻な問題です。

4:コケの繁殖

防水効果が低下したスレートには、コケが繁殖しやすくなります。
コケが見られる場合には、屋根が脆弱化している証拠となるので、早急な対応が必要です。

□スレート屋根のメンテナンス!劣化を防ぐ3つの方法

*塗り替え

スレート屋根の塗り替えは、劣化を防ぐ最も基本的な方法の一つです。
スレートの主成分はセメントであり、元々防水性を持っていないため、定期的な塗り替えは水分の浸透を防ぎ、屋根の寿命を延ばすのに不可欠です。
塗料の種類や品質によって費用に差が出ることもありますが、一般的には50万円弱とされています。

*カバー工法

劣化が特に進んだスレート屋根の場合、カバー工法が有効です。
この方法では、既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を被せます。
カバー工法の大きな利点は、既存の屋根材を撤去する必要がないため、費用を抑えられる点にあります。
カバー工法の費用は100万円程度で、新しい屋根材の選択によっては若干のコストの変動があります。

*葺き替え

最も徹底的なスレート屋根のメンテナンス方法が、葺き替えです。
この方法では、既存の屋根を完全に撤去し、新しい材料で屋根を一新します。
葺き替えは最もコストがかかる方法で、約160万円前後の出費が見込まれますが、これにより屋根はほぼ新品同様の状態になり、長期にわたる安心を提供してくれますよ。

□まとめ

スレート屋根の劣化は避けられない現実ですが、早期発見と適切なメンテナンスによって、その寿命を大きく延ばすことが可能です。
ひび割れや色褪せ、反り、コケの繁殖などの症状に気づいたら、塗り替え、カバー工法、葺き替えといったメンテナンスを検討しましょう。
これらの対策により、あなたの大切な屋根を長く良い状態で守れますよ。

当社では、福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで、外壁や屋根の補修・メンテナンスを行っております。
スレート屋根の劣化が気になっている方は、当社までお気軽にご連絡ください。