福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

モルタル塗装のタイミングと塗料の選び方!外壁の劣化サインと最適な塗料を知ろう!

モルタル塗装のタイミングと塗料の選び方!外壁の劣化サインと最適な塗料を知ろう!

モルタル外壁の劣化は、見た目だけでなく建物の機能性にも大きな影響を及ぼします。
この記事では、モルタル外壁が塗装を必要とするサインと、適切な塗料の選び方について、実践的なアドバイスをお伝えします。
劣化の兆候を見逃すことなく、最適な塗装方法で美しく、機能的な外壁を保つための知識を深めましょう。

□モルタル外壁塗装のタイミング!劣化サインを見逃さないで!

モルタル外壁の劣化は、いくつかのサインで見極められます。
これらのサインを見極めることで、適切なタイミングで塗装を塗り替えられますよ。

1:チョーキングのサインとその影響

モルタル外壁の表面に白い粉が現れるのが「チョーキング」です。
これは塗膜の防水効果が失われているサインで、外壁塗装の時期の近づきを知らせています。
チョーキングが見られる場合、雨漏りはすぐには起こりませんが、放置すると建物の寿命に影響を及ぼす可能性があります。

2:ヘアークラックとその重要性

幅0.3mm以下の細いひび割れ、ヘアークラックも重要な劣化のサインです。
地震や大型車の振動により生じることが多く、ひびが広がると雨水が浸入する原因になることもあります。
ひび割れに対しては、早期の補修が雨漏りを防ぐ鍵となります。

3:塗装の浮き・剥がれの警告

塗膜が密着しなくなり、剥がれてしまう現象も深刻な劣化サインです。
これは経年劣化や施工不良によるもので、モルタルが水を吸収し、損傷を招くことになりかねない状態です。
そのため、浮きや剥がれが見られた場合には、迅速な対応が求められます。

4:構造クラックの深刻さ

幅0.3mm以上の構造クラックは、深刻な外壁の劣化を示しています。
地震や外部衝撃が原因で、基礎の強度低下を招くことも多いです。
この場合には、外壁材の張り替えや躯体の修理が必要になることもあります。

□モルタル外壁に最適な塗料とは?

モルタル外壁に適した塗料の選択は、外壁を美しく保護するために不可欠です。

*樹脂塗料の種類と特性

アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素系塗料の4種類が主流です。
シリコン塗料は汚れが付きにくく、コストパフォーマンスに優れています。
一方で、フッ素塗料は耐用年数が長く、耐久性に優れていますが、コストが高くなる点に注意が必要です。

*弾性塗料の役割と工法

弾性塗料は、ひび割れを予防するためのもので、特にモルタル外壁に適しています。
「単層弾性」「複層弾性」「微弾性」の3つの工法があり、それぞれ効果や耐久性に違いがあります。
単層弾性は通常の塗装に近い工程ですが、複層弾性塗料はより高い保護性能を持っているのが特徴です。
微弾性塗材は、耐久性は劣りますが、特定の状況に対しては最適な選択肢となり得ます。

□まとめ

モルタル外壁の劣化サインを正しく認識し、適切なタイミングで塗装することは、大切な家を長く守るために重要です。
チョーキング、ヘアークラック、塗装の浮き・剥がれ、構造クラックなどのサインは、塗装の必要性を知らせています。

また、モルタル外壁にはアクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素系塗料などの樹脂塗料、そして弾性塗料が適しており、それぞれの特性を理解し選択することが大切です。
正しい知識で、美しく機能的な外壁を長く保つための塗装を行いましょう。

福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで、モルタル外壁の塗装を検討している方は、当社までお気軽にご相談ください。