福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

台風が来たときの足場の対策と点検について!安全な建設現場を守るために!

台風が来たときの足場の対策と点検について!安全な建設現場を守るために!

台風の季節が近づくと、建築業者や住宅を持っている方の間で意識が高まるのが、足場の安全性への関心です。
台風による強風は足場倒壊のリスクを高め、これにより重大な事故が発生する可能性があります。
そこで今回は、台風対策に前向きで実用的な情報を求める方々に向けて、台風時の足場の倒壊を防ぐための対策と、台風後の点検ポイントについて、具体的で実行可能な方法を紹介します。

□台風に立ち向かう!足場倒壊を防ぐための対策

台風通過時に足場が倒壊する主な原因は、足場の強度不足、建物からの控えの不足、そして風対策の欠如です。
これらの原因に対して、以下のような対策が有効です。

1.足場の強度を高める

足場の強度不足は、倒壊の大きな要因です。
足場の強度を高めるためには、親綱による補強作業が効果的です。
親綱は、足場が外に広がらないように引っ張るためのロープで、その設置は足場の安定性を大きく向上させます。

2.控えの強化

建物からの控えが不足している場合、風による圧力に対して足場が脆弱になります。
控えを増やすこと、またはより強い控えに変えることで、足場の安定性が大幅に向上します。

3.メッシュシートの適切な畳み方

足場に張られたメッシュシートは風の影響を大きく受けます。
台風が近づいた際には、「屋根より上」「四隅」を中心にメッシュシートを畳むことで、風の抵抗を減らし、足場の安定性を保てます。
畳む方法には「上部だけ三角形に絞る」、「上部を折り返す」、「四隅を畳む」などの方法があります。

□台風通過後のチェックポイント!安全な工事再開のために

台風が過ぎ去った後の点検も非常に重要です。
以下の3つのポイントをチェックし、安全かつ迅速に工事を再開しましょう。

1.屋根の状態の確認

台風により、屋根に飛来物があるか、破損がないかを確認する必要があります。
飛来物がある場合、それを安全に除去し、必要に応じて修理を行うことが重要です。

2.メッシュシートの状態確認と近隣への影響

台風によってメッシュシートや工事材料が近隣に飛んでいないかを確認し、もし飛んでいた場合は迅速に回収し、必要に応じて近隣住民への謝罪を行います。

3.壁あて周辺の損傷の確認

強風によって壁あてが壁にぶつかり、傷をつけてしまうことがあります。
これを確認し、傷がある場合は塗料で補修するといった対応が必要です。

□まとめ

台風による足場の倒壊を防ぐためには、足場の強度を高め、控えの強化を行い、メッシュシートの適切な畳み方を実施することが重要です。
また、台風通過後には、屋根の状態、メッシュシートの状態と近隣への影響、壁あて周辺の損傷をしっかりとチェックすることで、安全かつ迅速に工事を再開できるでしょう。
これらの対策と点検を行うことで、台風による被害を最小限に抑え、安全な工事環境を確保することが可能です。

福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社までご連絡ください。