福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

外壁カバー工法のメリットとデメリットを解説します!

外壁カバー工法のメリットとデメリットを解説します!

外壁カバー工法は、住まいの外観を一新するために選ばれるリフォーム方法の1つです。
この方法は、既存の外壁を撤去せずに新しい材料を重ねることで、建物に新たな命を吹き込みます。

しかし、この工法を選択する際には、そのメリットとデメリットを熟知しておくことが肝要です。
そこで今回は、外壁カバー工法を検討中の方々に向けて、その利点と潜在的な欠点を解説します。

□外壁カバー工法のメリット

*経済的なコスト

外壁カバー工法の最大の魅力は、コストパフォーマンスです。
従来の外壁を剥がし新しい材料で張り替える方法に比べ、約20万円のコスト削減が見込めると言われています。
この差は、撤去作業が不要であるために生じるもので、経済的な負担を軽減しながらも、外観を一新できます。

*迅速な工事完了

工事期間の短縮も大きな利点です。
外壁塗装や張替えに比べ、カバー工法は通常10〜14日程度で完了します。
この迅速さは、日常生活への影響を最小限に抑えつつ、効率的にリフォームを進めたいと考える方にとって、非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

*断熱性・遮音性の向上

外壁カバー工法は、断熱性と遮音性の向上にも寄与します。
既存の外壁の上に新たな層を加えることで、厚みが増し、熱や音の伝達を抑制します。
これにより、居住空間の快適性が増すだけでなく、エネルギー効率の改善にもつながるはずです。

□外壁カバー工法のデメリット

1.施工できない場合がある

外壁カバー工法は万能ではありません。
建物の下地が著しく劣化している場合、この方法は適用できないことがあります。
ひび割れのような軽微な損傷は補修が可能ですが、深刻なダメージにはこの工法では対応できず、張替えを検討する必要が出てきます。

2.下地の劣化に対応していない

外壁カバー工法は、下地の劣化を修復するものではないという点を理解しておかなければなりません。
新しい外壁材を被せる工法は、既存の下地を活かすものであり、劣化した下地がある場合は、それを先に補修する必要があります。
施工後に下地の状態を確認することは難しいため、業者に事前にチェックしてもらいましょう。

3.選択できる外壁材が限定される

外壁カバー工法は、使用できる外壁材に制限があります。
重い外壁材を使用すると、建物の耐震性に影響を及ぼすリスクがあります。
軽量で耐久性のあるガルバリウム鋼板などが推奨されることが多いですが、デザイン性を重視する場合は、業者にさまざまな選択肢を提案してもらうのがおすすめです。

□まとめ

この記事では、外壁カバー工法のメリットとデメリットについてご紹介しました。
経済的な利点、工事期間の短縮、断熱性・遮音性の向上など、多くのメリットが存在する一方で、施工できない場合の存在、下地の劣化への非対応、選択できる外壁材の限定など、いくつかのデメリットも認識する必要があります。

これらの情報を踏まえ、外壁カバー工法を選択する際には、自宅の状態を正確に把握し、業者と相談した上で決断を下すことが重要です。