福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

外壁塗装におけるシーラーとは?フィラーとの違いや役割などをご紹介!

外壁塗装におけるシーラーとは?フィラーとの違いや役割などをご紹介!

外壁塗装を考える際、多くの方が見落としがちなのが「シーラー」の存在です。
この不可欠な工程は、家の美観を長持ちさせる秘訣とも言えます。

本記事では、外壁塗装におけるシーラーの重要性とその役割についてご紹介します。
外壁塗装を検討中の方は、ぜひこの機会にシーラーの知識を深めましょう。

□外壁塗装におけるシーラーとは?

外壁塗装においてシーラーは、塗装工事の基礎を形成する要素です。

しかし、その役割は一見すると地味であり、その重要性が見過ごされがちです。
ここでは、シーラーの基本的な機能と、なぜそれが外壁塗装に不可欠なのかを見ていきましょう。

*シーラーとは

シーラーは、外壁塗装の初期段階である下塗りに該当します。
この工程は、中塗りや上塗りといった後の工程に大きな影響を与えるため、非常に重要です。
シーラーは塗装の土台を作り、後の塗料が適切に機能するための基盤を提供します。

*プライマーとフィラーとの違い

シーラー、プライマー、フィラーはいずれも下塗りに用いられますが、それぞれ微妙な違いがあります。
シーラーとプライマーは、多くの外壁材に適用可能な汎用性の高い塗料です。

一方で、フィラーはモルタル外壁の細かなひび割れを埋める特性があり、特にモルタル外壁に適しています。

*シーラーの重要性

シーラーは、外壁塗装において見えない部分で大きな役割を果たします。
外壁の素材によっては、シーラーなしでは塗料の密着が不十分になり、結果として塗装の耐久性が低下することがあります。
したがって、シーラーの選択と適用は、外壁塗装の成功に直結するのです。

□外壁塗装におけるシーラーの役割

外壁塗装におけるシーラーの役割は多岐にわたります。
ここでは、その主な機能を3つのポイントに分けて解説します。

1.密着性の向上

シーラーは塗装面と上塗り材との間の接着剤のような役割を果たします。
これにより、塗装面と塗料の密着性が高まり、塗膜の剥がれや劣化を防止できます。
この密着性は塗装の持続性に直結するため、シーラーの施工はしっかりと行うことが重要です。

2.吸収の抑制

シーラーは塗装面に浸透し、中・上塗り塗料の吸い込みを抑えます。
これにより、塗料の均一な塗布が可能となり、仕上がりの美しさだけでなく、塗装の保護機能も向上します。
特に、外壁の状態が悪い場合には、シーラーでしっかりと吸収を抑制することが大切です。

3.下地の補強

シーラーは外壁材の微細な隙間にまで浸透し、下地を補強します。
これにより、外壁の劣化を防ぎながら、塗装の耐久性を高められます。
外壁の下地の状態に合わせて適切なシーラーを選ぶことが、塗装工事の成功の鍵です。

□まとめ

この記事では、外壁塗装におけるシーラーの基本的な概念とその役割について解説しました。
シーラーは見えない部分で外壁塗装を支える重要な役割を担っています。
外壁塗装を検討する際には、シーラーの選択にも注意を払い、長持ちする美しい外壁を実現しましょう。