福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

外壁塗装にかかる期間はどれくらい?各工程ごとの所要日数も解説!

外壁塗装にかかる期間はどれくらい?各工程ごとの所要日数も解説!

外壁塗装は、家の美観と保護を担う重要な役割を果たします。
しかし、その期間や工程に関する情報は不足していることが多く、計画を立てる上での困難が生じます。

この記事では、外壁塗装の所要期間と、工期に影響を与える要因について詳しく解説します。
不安なく、安心して工事を進められるように、外壁塗装の期間に関する情報をしっかりと把握しておきましょう。

□外壁塗装の期間はどれくらい?

外壁塗装の期間は様々な要因により左右されますが、一般的な期間は約14日です。
しかし、工事の品質を確保するためには、適切な期間が必要です。

例えば、天候や塗装範囲の広さ、建物の状態などが影響を与えます。
天候は特に重要で、雨天や極端な気温・湿度は塗装工程に影響を及ぼします。
これらの環境要因を考慮し、計画的に工事を進めることが重要です。

*天候の影響

外壁塗装は、特に雨天や低温、高湿度の影響を受けやすい工事です。
適切な塗装条件は気温5度以上、湿度85%以下であり、これらの条件を満たさないと塗料の乾燥や硬化に支障が出ます。
したがって、天候を考慮したスケジュール計画が必須です。

*施工会社の技術と信頼性

外壁塗装の期間が短すぎる場合、品質に疑問が生じる可能性があります。
例えば、下地処理の不足や乾燥時間の不足は、塗装の持続性に影響を与えます。
信頼できる塗装会社を選ぶことは、塗装品質を保証する上で非常に重要です。

*塗装範囲と建物の状態

塗装範囲の広さや建物の状態も、工期に影響する要因です。
広い範囲や複雑な形状の建物は、それだけ多くの時間が必要となります。
また、建物の状態、特に外壁の劣化度合いによっても工期は変動します。

□外壁塗装の各工程にかかる日数

外壁塗装には複数の工程があり、それぞれに所要期間があります。
ここでは、主な工程とその所要日数を紹介します。

1:足場設置

外壁塗装の初期段階として、安全かつ効率的な作業のために足場を設置します。
一般的には1日で設置が完了しますが、建物の規模によっては時間が変動することがあります。

2:高圧洗浄・乾燥

外壁の汚れを洗い流す高圧洗浄と、その後の乾燥工程は、通常1〜3日間かかります。
これらの工程は、塗装の密着度と仕上がりの質に直接関わるため、非常に重要です。

3:下地補修・養生

高圧洗浄後は、ひび割れや外壁材のつなぎ目などの補修を行います。
これに加えて、塗装部分以外を保護する養生作業も行われます。
通常、この工程には1日程度の時間が必要です。

4:外壁塗装(下塗り・中塗り・上塗り)

実際の塗装作業は、下塗りから上塗りまで約6〜7日間を要します。
この期間には、塗料の乾燥時間も含まれています。

5:点検と足場解体

塗装完了後は品質の確認と点検が行われ、問題がなければ足場の解体と清掃が行われます。
通常、これらの作業には合わせて1日が必要です。

□まとめ

外壁塗装の期間は、天候、施工会社の技術、塗装範囲、建物の状態などによって変動します。
各工程にはそれぞれ所要期間があり、品質を確保するためには適切な計画が必要です。
塗装工事を計画する際は、これらの要因を考慮し、信頼できる会社と綿密な計画を立てることが重要です。

当社は、福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで、外壁塗装を承っております。
適切な工期で、質の高い塗装をご希望の方は、当社までお気軽にご相談ください。