福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

外壁塗装の耐用年数は30年?寿命を長くする方法もご紹介!

外壁塗装の耐用年数は30年?寿命を長くする方法もご紹介!

外壁塗装の耐用年数は30年という話を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この話を真実だと思い込んでしまうと、ご自身の住宅の外壁が危険にさらされてしまうかもしれません。
この記事では、 外壁塗装の耐用年数は本当に30年なのか、 また外壁塗装の耐用年数を長くする方法について解説します。

□外壁塗装の耐用年数は30年?

*外壁塗装の耐用年数が30年は本当か

外壁塗装の耐用年数が30年というのは、実は確固たる証拠に基づいたものではありません。
この数字は、塗料メーカーが提供する推定値に過ぎず、実際にその期間を経過した例はまだ存在しないのです。
つまり、30年という数字は、事実ではないと言えます。

*「30年」の信頼性

市場には「30年持つ」とうたう塗料が存在しますが、それらが実際に30年間持続するか証明するには時間がかかります。
耐用年数を誇る塗料を選ぶ際は、その根拠となる科学的データや実績をしっかりと吟味することが肝心です。

*実績はあるのか

耐用年数を判断するには、塗料が実際にどれだけの期間、外壁を保護してきたかの実績が重要です。

しかし、30年という数字は、あくまで理論上の話であり、実際にその期間を保証するデータはまだ集まっていないのが現状です。
この点を踏まえ、塗料選びには、「30年」という数字に惑わされない現実的な視点が求められます。

□外壁塗装の耐用年数を長くする方法

30年とは言わないまでも、外壁塗装の耐用年数を長くしたいと考える方は多くいらっしゃると思います。
以下で、外壁塗装の寿命を長くする方法を3つご紹介しますので、確認していきましょう。

1.耐久性の長い塗料を選択する

外壁塗装の寿命を延ばすためには、耐用年数が長いとされる塗料の選択が重要です。
特にフッ素塗料は、その耐久性から12〜20年の間、外壁を守り続けるとされています。
この塗料は信頼性が高く、多くの人に選ばれているため、長期間にわたる保護を望むならば、フッ素塗料の選択がおすすめです。

2シーリング材を慎重に選ぶ

外壁塗装の耐用年数を伸ばすには、シーリング材の選択も見逃せません。
一般的にシーリングの耐用年数は7〜10年ですが、より長い15年以上の耐用年数を誇る製品も存在します。
フッ素塗料と同様に、長持ちするシーリング材を選ぶことで、外壁の寿命をさらに長持ちさせられます。

3.定期的にメンテナンスする

外壁の寿命を左右するもう1つの要素は、定期的なメンテナンスです。
汚れが塗装の性能を低下させるため、定期的な洗浄は外壁塗装の耐用年数を維持する上で不可欠です。
柔らかい布やスポンジを使って汚れを早期に除去して、塗装が本来持つ機能を長く保てるようにしましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の耐用年数は本当に30年なのか、 また外壁塗装の耐用年数を長くする方法について解説しました。
現状、外壁塗装の耐用年数が30年というのは事実ではありません。
外壁塗装の寿命を長持ちさせたいという方は、耐久性の高い塗料やシーリング材を選ぶ、定期的にメンテナンスするなどのポイントを意識してみましょう。