福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

屋根塗装にシリコン塗料を使うのは?おすすめのシチュエーションをご紹介!

屋根塗装にシリコン塗料を使うのは?おすすめのシチュエーションをご紹介!

皆さんは外壁塗装において、何を最も重視していますか。
塗料選びのポイントとして、多くの方が耐久性と経済性を兼ね備えた選択肢を望んでいるかと思います。

そこでこの記事では、質とコストのバランスを両立させる選択肢として、「シリコン塗料」をご紹介します。
シリコン塗料のメリット・デメリットと、使用に適しているケースを把握して、悔いのない塗料選びをしましょう。

□シリコン塗料のメリット・デメリットとは?

*シリコン塗料のメリット

1:耐久性の高さ

シリコン塗料は、高い耐久性を誇る塗料です。
特に耐熱性については、600度前後の高温環境にも耐えることが可能で、建材を極端な環境から守る力を持っています。
また、塗膜が固く撥水性に富むため、雨や湿気による建材の劣化を抑制し、外壁の耐候性を高めてくれます。

2:美観の維持

シリコン塗料はセラミック成分を含むため、光沢とツヤのある仕上がりが特徴です。
この成分により、汚れが付着しにくく、外壁や屋根を長期間美しく保てます。
その結果、再塗装の頻度を減らし、結果的にメンテナンスコストの削減にも貢献します。

3:商品ラインナップの豊富さ

シリコン塗料は人気が高く、メーカーによる商品開発が活発です。
そのため、カラーバリエーション、価格帯、性能面で多様な選択肢があり、さまざまなニーズに応えることが可能です。

*シリコン塗料のデメリット

1:コスト面での考慮点

シリコン塗料は、他のアクリル塗料やウレタン塗料と比較して価格が高めで、工事費用もそれに比例して高くなります。
また、耐久性はフッ素塗料には劣るため、10年以内に建物の用途が変わる場合、コストパフォーマンスの面で適切でない場合があります。
建物の将来計画によっては、他の塗料を選択する方が賢明かもしれません。

2:ひび割れの可能性

シリコン塗料は乾燥後の塗膜が硬くなるため、温度変化や振動によってひび割れが発生しやすいリスクがあります。
特に、伸縮する素材への塗装や振動が多い立地での使用には、不向きであることを理解しておく必要があります。

□シリコン塗料はこんな方におすすめ!

*コストパフォーマンスを重視する方

シリコン塗料は、価格と耐用年数のバランスが非常に優れています。
そのため、予算の限られた中でも長期間の効果を求める方に最適です。
特に「安価な塗料では耐用年数が短すぎる」と懸念される方や、「高額な塗料は予算的に難しい」と考える方に、シリコン塗料は非常に良い選択肢となります。

*塗り替えのスパンを長くしたい方

外壁塗装において、頻繁なメンテナンスはコストと時間の面で負担が大きくなります。
シリコン塗料は耐用年数が長いため、塗り替えの間隔を長く設定できる点が大きなメリットです。
これにより、長期にわたって外壁のメンテナンスに関する手間とコストを削減することが可能です。

*色の選択肢の幅広さを求める方

外壁の色は家の印象を大きく左右する要素です。
シリコン塗料は、多様なカラーバリエーションを誇り、お客様の好みや建物のスタイルに合わせた選択が可能です。
特に自分好みの色を使いたいとお考えの方や、独自の色彩で建物に個性を持たせたい方には、シリコン塗料が最適です。

□まとめ

この記事では、耐久性と経済性を兼ね備えた塗料として、シリコン塗料について紹介しました。
耐久性、美観の維持などがメリットである一方、コスト面やひび割れのリスクもあります。
これらの情報を踏まえ、あなたのニーズに最適な塗料を選択してください。

福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで、シリコン塗料を使った外壁塗装をご検討中の方は、当社までお気軽にご相談ください。