福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

水性塗料は雨に濡れても大丈夫?油性塗料との違いやメリットもご紹介!

水性塗料は雨に濡れても大丈夫?油性塗料との違いやメリットもご紹介!

外壁塗装は家の美観を保つだけでなく、建物を守る重要な役割を果たします。
多くの家庭で検討される水性塗料は、「雨の日に塗装しても大丈夫か」という疑問を持つ方は少なくありません。

この記事では、水性塗料は雨に濡れても大丈夫なのか、また水性塗料のメリットについてご紹介します。
外壁塗装を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

□水性塗料とは?雨に濡れても大丈夫?

*水性塗料と油性塗料

塗料には、水性と油性の2つの大きなカテゴリーがあります。
水性塗料は水を希釈剤として使用し、油性塗料は有機溶剤を用います。

この希釈剤の違いが、塗料の乾燥時間、耐久性、そして作業環境に影響を及ぼす要因です。
水性塗料は、塗装後に水分が蒸発することで硬化し、耐水性のある塗膜を形成します。

*水性塗料は雨に濡れても大丈夫なのか

水性塗料は、雨に濡れても塗膜が剥がれにくいという特性を持っていますが、塗装直後の乾燥期間中に雨にさらされると、塗料が流れたり、均一でない塗膜ができたりするリスクがあります。

そのため、塗装作業を計画する際には、天候を考慮することが不可欠です。
乾燥後は水性塗料も雨に強い塗膜を形成するため、長期的な耐久性を期待できます。

□水性塗料のメリット

1.臭いが少ない

水性塗料の大きなメリットの1つは、その臭いの少なさです。
油性塗料が使用する有機溶剤は強い臭いを放ち、作業者や周囲の人々に不快感を与えることがあります。

一方で、水性塗料は水を希釈剤として使用するため、塗装中の臭いが少なく、施工後の空間を快適に保てます。

2.取り扱いの容易さ

水性塗料は引火性が低く、有害物質の放出も少ないため、取り扱いが容易です。
家庭環境での使用を考えると、安全性の高さは大きなメリットと言えますね。
小さなお子様やペットがいる家庭では、水性塗料の使用を検討してみることをおすすめします。

油性塗料に含まれるVOC(揮発性有機化合物)は、シックハウス症候群の原因となることがあります。
水性塗料はそのような心配が少ないため、健康に配慮した選択と言えるでしょう。

3.コストパフォーマンス

経済的な観点からも、水性塗料は油性塗料に比べてコストパフォーマンスに優れています。
油性塗料の希釈剤である溶剤はコストが高く、また、その取り扱いには特別な注意が必要です。

一方で、水性塗料は価格が抑えられており、塗装後の性能においても油性塗料と大きな差はありません。
したがって、コストを抑えつつも品質を求める場合には、水性塗料が適しています。

□まとめ

この記事では、外壁塗装における水性塗料の特性と水性塗料のメリットについて解説しました。
水性塗料には、臭いが少ない、コストパフォーマンスに優れているなどのメリットがあります。
外壁塗装の際には、ぜひ水性塗料の使用を検討してみてはいかがでしょうか。