福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

窯業系サイディングとは?あなたの家を美しく守る外壁材の知識を紹介!

窯業系サイディングとは?あなたの家を美しく守る外壁材の知識を紹介!

新築やリフォームを検討している実用的な家主に向け、今回は外壁選びの重要な選択肢である窯業系サイディングに焦点を当てます。
外観と機能性を重視する方にとって、正しい知識は外壁材選びの大きな助けとなるでしょう。
窯業系サイディングの基本的な特性からメリット、デメリットに至るまで、この記事を通じて深く理解していただきたいと思います。

□窯業系サイディング基本情報と日本の住宅での使用状況

1.窯業系サイディングの基本特性

窯業系サイディングとは、セメントを主原料に、繊維質などと混ぜて板状に加工した外壁材です。
幅広い厚さ、長さ、幅があり、表面塗装には多様な種類が存在します。
この多様性は日本の戸建て住宅の外観に新たな選択肢をもたらしています。

2.日本における窯業系サイディングの使用率

過去にはモルタルが主流でしたが、現在は窯業系サイディングが80.4%の使用率で圧倒的な人気を誇っています。
その理由は、その実用性と美観にあり、多くの方がこの観点で外壁を選んでいるからです。

□窯業系サイディングの選び方とは?メリットと注意点

1.デザインとコストのバランス

窯業系サイディングは、レンガ調、木目調、タイル調といった多様なデザインオプションを提供しており、それぞれのデザインが持つ独自の魅力で家の外観を美しく仕上げられます。
特にセメントを成型して作るこのサイディングは、表面を特別な塗料で仕上げるため、色彩の選択肢も豊富です。
住宅の外観にこだわりたい方にとっては、理想的な選択肢を提供します。

さらに、他の外壁材に比べてコストパフォーマンスが高い点も注目に値します。
工業製品として板状に加工されているため、モルタル外壁などのように職人の手作業に頼る必要がなく、初期費用を抑えつつ施工が可能です。

2.耐火性に優れた安全な選択

窯業系サイディングは、安全性の観点からも優れた選択です。
このサイディングは、不燃・準不燃材料として国土交通大臣の認定を受けており、耐火等級3や4を取得している製品が多く、火災時の延焼を効果的に防ぐことができます。
これは、万が一の火災が発生した場合、自宅や隣家への延焼を防ぎ、財産や命を守る上で非常に重要な特性です。

*デメリットへの対処法

窯業系サイディングには、防水性や蓄熱性に関する課題があります。
セメント質の素材は、その性質上、防水機能が低く、特に表面の塗装が劣化すると、水分がサイディングに浸透しやすくなります。
これによって最終的に構造部分まで雨水が浸入するリスクがあります。
また、サイディングの継ぎ目を処理するシーリング材は、耐用年数が限られており、定期的なメンテナンスが必要です。
さらに、セメント質は熱を吸収しやすく、夏季には外壁の温度が上昇し、それが室内温度の上昇につながることもあります。

しかし、適切な塗装や断熱材の使用によってこれらの問題は軽減可能です。
例えば、表面に遮熱効果のある塗料を使用することや、リフォーム時に断熱材を施工することで、蓄熱を防げます。
定期的なメンテナンスによって、シーリングの劣化や塗装の剥がれを防ぎ、窯業系サイディングの長期的な耐久性を保つことが重要です。

□まとめ

この記事では、窯業系サイディングの基本情報から日本の住宅での普及状況、そのメリットとデメリットまで解説しました。
豊富なデザインと優れたコストパフォーマンス、耐火性は、多くの家主にとって魅力的な選択肢です。
一方で、メンテナンスの重要性や防水・蓄熱問題への対処法も理解することが重要です。
最適な外壁材を選ぶためには、これらの情報を参考にしてください。

当社は、福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで外壁や屋根の塗装を行っておりますので、ぜひご連絡ください。