福岡市・太宰府市で外壁・屋根の塗装なら想いを形に外壁塗装へ

ALC外壁の耐用年数とは?メンテナンスが必要となる劣化症状も紹介!

ALC外壁の耐用年数とは?メンテナンスが必要となる劣化症状も紹介!

住宅の顔とも言える外壁。
中でもALC外壁はその耐用年数の長さとメンテナンス方法において注目されています。
この記事では、ALC外壁の基本的な特性から、劣化した際の合図までを解説します。
目指すは、美しい外観と機能性を長期間保持することです。

□ALC外壁の耐用年数とは?

ALC外壁、その魅力は何といってもその長寿命にあります。
一般的なモルタルの約2倍、サイディングの約1.5倍の60年以上という驚異的な耐用年数を誇るのです。
これは、ALCパネルという軽量気泡コンクリート材が原材料で、珪石とセメントの強靭な結合によるものです。
この素材の特性が、長期にわたる耐久性を実現しています。

*基本構造と素材の特徴

ALC外壁の基本は、空気を多く含んだ軽量気泡コンクリート材です。
この素材は、耐火性と断熱性に優れ、日本のさまざまな気候条件に適応しています。

*耐用年数

適切なメンテナンスが行われれば、ALC外壁は60年以上の長寿命を誇ります。
これはモルタルやサイディングと比較しても顕著な長さです。

*他の外壁材との比較

一般的なモルタルの耐用年数は約30年、サイディングは約40年です。
この比較からも、ALC外壁の耐久性の高さが際立ちます。

□ALC外壁メンテナンスの合図!劣化を見極めよう

ALC外壁の長期的な美しさを保つには、定期的なメンテナンスが不可欠です。
ここでは、劣化のサインを見極め、適切な対処を行う方法を探ります。

1.色あせ・チョーキングの発見

ALC外壁が色あせたり、チョーキング(触ると粉が手につく現象)が発生したりした場合は、塗装メンテナンスのサインです。
紫外線による塗料の劣化が原因です。

2.ひび割れへの対応

ひび割れは、塗装メンテナンスの時期を逃している可能性が高いです。
これは、水分吸収によるALC外壁の膨張と収縮が原因で発生します。

3.カビ・コケの発生

湿った環境はカビやコケの温床になります。
特に北面のALC外壁は注意が必要です。
高圧洗浄と再塗装で、これらの問題を解決しましょう。

4.コーキングの劣化

ALC外壁のパネル間のコーキングが劣化すると、雨水が浸入する恐れがあります。
見つけ次第、補修や塗装を行うことが重要です。

□まとめ

ALC外壁は、その長寿命と強靭な素材で注目を集めています。
適切なメンテナンスにより、60年以上の耐久性を実現することが可能です。
色あせやチョーキング、ひび割れ、カビ・コケの発生、コーキングの劣化など、さまざまな劣化サインを見極めて対処することで、ALC外壁の美しさと機能性を長期間保てます。
定期的なメンテナンスで、あなたの家を美しく、そして安全に保ちましょう。

福岡市を中心に春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市などで外壁にお悩みの方は、ぜひ当社までご連絡ください。